ブログBlog

LADY NAVIGATION

時が味方した。

そう感じる事がある。

思いもかけず、タイミング良く何かが起こる。

奇跡や偶然なんかじゃない。

無意識に未来を感じて

思い通りの道を辿った軌跡なのだ。

その瞬間は、宇宙人になっている。

私は、そう思う。

 

宇宙人は、未来人という考え。。。

最近、その考えがちょっと変わってきて

宇宙人は、

“未来が無意識に分かる現代の人”なんじゃないかって。

 

夏の初め。

宇宙な人と出会った。

その人の話は、とても興味深くて

「いいなぁ〜。」と、羨ましがったら

その人は、私の後ろを指差して

「大丈夫!!あなたには、フラワーオブライフがついている。気づいていないだけで、宇宙は、近づいてますよ。」

 

 

そっか。。。近づいてるんだ。。。

 

そう言われてから

タイミングが分かるような気がする。

第六感?みたいな。。。

 

だんだん、この感覚が研ぎ澄まされたら

頭の良さや技術に関係なく

未来が分かるようになったりして。。

そうなった時に宇宙先輩がやって来て

宇宙人マスクを私に渡す。

「彼らの未来を楽しむ時は、コレを付けてね。もし、あなただとバレたら、その人の記憶を消してね。では、気をつけて。」

 

こんな話を友達にした直後、

『本ノコテ』のイベントでサンディーさんに会った。

なぜ、その話になったかは、忘れたけど

サンディーさんが“MEN IN BLACK”の話をしだして

私の友達の記憶を消す真似をした。

 

思った。。。。

 

(あ、この人、宇宙人だ。。。)

 

そして、1週間前の出来事を思い出した。

『本ノコテ』プロジェクトの作業を終えて帰る時。

ボランティアスタッフと車に乗り込み、

見送るサンディーさんに

「Bye〜。See you again〜。」と手を振り発進した。

その瞬間。。。《LADY NAVIGATION!!》

 

カーステから稲葉さんが最後のフレーズを叫んだのだ。

 

車内もバックミラーに映るサンディーさんも大爆笑。

 

その通り!!

彼女は、ナビゲーション!!

 

私を船に乗せてハンガリーへ連れて行く気なのだから。

 

間違いないっ!!

 

 

8月22日。

『本ノコテ』プロジェクトの古本仕分け作業が終わり、

全ての本をトラックに積み込んだ。

ボランティアで集まり『イタッキャンセ会』を開いた。

みんなで涙しながら

今までの想い、これからの想いを話して

トラックを見送った。

 

やっぱ。。だよね〜。。。。

 

トラックに手を振った瞬間。。。

《夕焼け小焼け》が流れてきた。。

時計を見ると18時。。。

グッドタイミング。。。

なんとなく切ない顔だったみんなが笑顔になった。

「テレビは、ここを撮らんこてっ!」

メンバーの1人が言った。

 

サンディーさん、さすがです。

 

早く私にマスクをください。